子供が「宿題」をやらない!やる気を出させる方法7つのコツ!

小学生にあがると毎日宿題が出て、やらせるのに一苦労しますよね。
早く終わらないとイライラして、「早く宿題しなさい!」とついつい怒ってしまうこともしばしば。母親の方が疲れてしまいますよね。

できれば、自分で進んで宿題や勉強をやって欲しいものです。

そこで、子供に進んで「宿題」をやらせるコツを紹介したいと思います。

今日の「宿題」を聞いてみる

まず帰ってきたら、「今日の宿題、何が出た?」と聞いてみましょう。

すると、「宿題」の事を思い出して
「プリント2枚だよ!」
「日記と音読だよ!」
など教えてくれると思います。

そこでお母さんが、
「おお!今日は少ないね!」
「今日は多いんだね!」
などちょっと共感しながら答えてあげて下さい。

そのあと、
「何から始める?」
「何時からする?」
と、子供に質問し選択させましょう。
自分で決めたことにより、責任感と意欲もわいてきます。

帰ってきたら「宿題やらなきゃ!」というスイッチが入ります。

今日あった出来事を褒める!

帰ってきたら「おやつ」を食べて、「宿題」をさせるご家庭が多いと思います。

「おやつ」を食べながら、今日あった出来事を聞いてあげて、それを褒めてあげましょう。
勉強の話しが出てきた場合はチャンス!
「毎日宿題頑張ってるからだね!」

これが言えれば「やる気」UPになります。

おやつタイムでは、気分を上げてあげましょう。

注意点は、テレビをつけないこと!
ここで気がそれてしまうと、なかなか「勉強」を始めません。

スナックディスペンサー キャンディーディスペンサー snack dispense…

スナックディスペンサー
価格:972円(税込、送料別)

子供と競争する!

子供の競争心を煽ると「やる気」につながったりします。

「お母さんがご飯作るのと、どっちが早いかな?」
「暗記どっちが早いかな?」

など、子供と競争してみましょう。
ゲーム感覚で始めると、頑張る子供も多いです。

とにかく褒める!

「宿題」をやっている途中でも、

「字が前よりきれいに書けてるね!」
「音読、ハキハキ上手に読めているね!」
「計算のスピード早くなったね!」

など、具体的に褒めてあげましょう。

終わった後も、

「もう終わったの?早いね!」

と褒めてあげましょう。

やっぱり子供は褒められると嬉しいもの。大人でも仕事で褒められると嬉しくてやる気が出ますよね。

宿題が終わった後を楽しみにする

「宿題」が終われば、こんなことができる!と終わった後の楽しみを作ってみましょう。

例えば、

「今宿題終わったら、夜お父さんと遊べるね!」
「宿題早く終わったら、夜テレビ一緒に見ようか」

など、終わったあと楽しみがあると励みになります。

うちでは、夜「テレビ」か「お父さんと将棋」が楽しみでそれを励みに頑張ったりします。

注意する点は、「物でつらない」ことです。ご褒美がないと宿題をしないことになりかねません。楽しむ出来事を作ってあげましょう。

宿題をする場所を決める




最近では、勉強をする場所は「リビングが良い」とよく言われていますね。

「リビング」に小さな勉強机を用意してあげても良いですし、最近ではダイニングテーブル用に小さな勉強スペースを作る便利なアイテムがあったりします。
上手く利用して、「勉強」のやる気UPにつなげましょう。

また、学年が進んでいくと「辞典」や「参考書」も増えていきます。
出しやすい環境を作ってあげると、スムーズに勉強がはかっどたりましす。

我が家では、リビングに子供専用の棚を用意して、そこに勉強に必要なものは直すようにしています。
子供専用だと片付けも進んでするようになるのでおすすめです。

勉強の大切さを教える

普段から勉強の大切さを教えていくことが、「宿題」をさせることにもつながります。

子供の「夢」があったら、それになるためっだたり、勉強をすることで人の役にたてたり、いろいろな教え方があると思います。

我が家では、よくテレビに出ている人を褒めまくります。病院の先生だったり、俳優さんっだり、その人の良い所を勉強に結び付けて話します。

まとめ

こうやってみると、親は「やる気」にさせるために気を遣うものですね。
これも、将来のため!
後々、受験や就職、社会人になったあと力をつけるために頑張りたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加