ピアノ「レッスンバック」を手作り!のだめバックの簡単な作り方!

子供の習い事の「レッスンバック」や幼稚園・保育園、学校などのバッグをハンドメイドする方も多いですよね。
皆さん上手でビックリです!

娘もピアノを習っているため、「レッスンバック」の手作りに挑戦。
ピアノといえば「のだめカンタービレ!」ですよね。のだめちゃんのバックかわいー!

初心者の私でも「のだめ風バック」を作ることができましたので、ご紹介したいと思います。

のだめカンタービレのバックは高い!

極力苦手な手作りは避けたいと思い、ネットで「のだめバック」を探してみましたがコレがまた高い!

子供のバックに約8000円です。

私には高額でしたので、あきらめて手作りすることに。

準備するもの

ピアノ柄の布

私は、オックス生地を購入しましたが、キルティング生地だと裏地はいらないかもですね。この他に、汚れや水に強いラミネート加工生地もあるようです。

裏地に使う生地

水玉模様のドット柄にしました。

持ち手のテープ

黒を選びました。

布をカットする!

映画の「のだめバック」は縦型ですが、子供が持ちやすいように私は横型にしました。

サイズは、市販のバックを参考にしました。

計り方は超アバウト。
布の上に市販のバックを置いて、縫い代の部分を多めにとってガーッと切っただけ。

裏地の布も一緒のサイズでカットしました。本当は少し小さめにした方が良いのでしょうが、めんどくさいので一緒のサイズでカット。

持ち手の部分も、市販のバックの持ち手に合わせて縫い代部分を多めにカット。

IMG_1936

ミシンで縫う!

あとは、ミシンでガーッと直線に縫うだけです。

私は、表の生地と裏地の生地は別々縫いました。最後に2つの生地を重ねて、持ち手を間に差し込み一緒に縫いました。

IMG_1935

表の生地の色に合わせて黒の糸で縫ったため、裏地の布に縫い糸が目立ってしまいましたが、あまり見えない部分なので個人的にはOK。
気になる方は表と裏の柄を近いものにした方がいいかもですね。

出来上がり!

完成です!

慣れない裁縫のため製作時間約1時間30分くらい。切って縫うだけなので、もっと早くできると思います。

IMG_1934

まとめ

手作りのバックは、やっぱり子供も嬉しいですよね。今回は、のだめバックが高額なため手作りしましたが、安ければ買っていたと思います(笑)
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加