小学1年生「友達」ができない。学校に行きたくない!親はどうする?

小学校入学、「友達たくさんできるといいな」と張り切っていたうちの子でしたが、なかなか友達ができず、「学校に行きたくない」と言ってきました。

遊ぼうと誘っても断られるそうで、休み時間や昼休みは一人で遊んでいるとのこと。

一緒の保育園の子とはクラスが分かれてしまい、うちの子のクラスは 他の幼稚園や保育園の子が多く、グループになってしまって仲間に入れてくれないようでした。1年生なので、子供達も悪気があって仲間に入れないわけではないと思います。最初は、知っているお友達で固まってしまうと思います。

親としてどうすれば良いのか悩みました。
せっかく楽しみしていた小学校なのに心配で可哀想でしたが、毎朝「学校に行きたくない」と泣く子をなだめて行かせるのもとても大変で、イライラしてしまったこともあります。

担任の先生に相談するべきか?

私は、初めての子供の入学でしたので、担任の先生に友達のことで相談するべきか悩みました。モンスターペアレントと思われたくもないですし、このことが、小さいことなのか大きいことなのか判断できなかったです。

結局、この時「担任の先生に相談しなかった」です。

ママ友や習い事の先生に相談してみる

この頃、他のクラスに分かれてしまったママ友や、習い事の先生に「学校慣れた?」と聞かれたので、「うちの子、友達ができないみたいで、学校に行きたがらなくて今大変なんですよ」と話しました。とくに相談というわけではなく、この時は、「そうなんだー大変だね」という感じで終わったのですが、この後神対応が!

話したママ友や習い事の先生が、自分の子供や生徒に「〇〇ちゃん(うちの子)を、学校で見かけたら声をかけてあげてね」と話して下さったのです!

これは、とてもありがたかったです。
クラスで友達はできないものの、校庭に出れば誰かが話しかけてくれる。学年が違う子でも、遊んでくれたようです。もう優しい子供達と、声掛けを進めてくれたママ友や習い事の先生に感謝です!!

保育園の先生に励ましてもらう

下の子の保育園のお迎えの時に連れて行き、元担任の先生に励ましてもらいました。

「先生も友達できなくて大変だったんだよ。大丈夫だよ。」と話してくれたみたいで、本人は「心配しなくてもいいんだ」と思えたようでした。

母親の私以外の大好きな人に励ましてもらうことは、子供にとって心強いようです。

一人の時間も楽しむ!

私が話したことは、「一人の時間も楽しいことを見つけよう」でした。

本を読んだり、絵を書いたり、一人でも楽しいことはたくさんあるよ、と毎日「今日はこんなことしてみたら?」と提案するようにしました。

徐々にですが、一人でいることも楽しめるようになりました。
また、お絵かきをしていると「じょうずだね」と話しかけてもらえるようになったみたいです。

誘い方を変えてみよう!

うちの子はお友達に「一緒に遊ぼう」と声をかけているみたいだったので、「仲間に入れて」という言い方に変えてみるのを進めてみました。

これにより、少しずつクラスの友達の輪の中に入ることができました。

「友達力」で決まる! [ 親野智可等 ]
価格:1028円(税込、送料無料)

友達ができないことで学ぶ!

「仲間に入れてもらえなかったら悲しいよね」
「友達がいなかったら寂しいよね」

「あなたは、もしお友達が声をかけてきたら仲間に入れてあげようね」
「一人のお友達がいたら、声をかけてあげようね」

と話し合いました。

悲しい思いをした分、学べる良い機会だったと思います。

時間が解決する

始まったばっかりの学校生活。子供達も徐々に「同じ幼稚園・保育園」というこだわりがなくなってきます。時間が経てば解決することもあるようです。

まとめ

うちの子の場合、2学期頃から友達とうまく付き合えるようになりました。
慣れない小学校生活を楽しく過ごせるよう、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加