家を建てたい!「注文住宅」と「分譲住宅(建売)」どちらが良い?

マイホームを購入したい時悩むのが「注文住宅」と「分譲住宅(建売住宅)」どちらがよいのか?また、どちらが得なのか?だと思います。
メリット・デメリットは何なのか?
納得して家を購入したいですよね。

私も家を建てる時、どちらが良いか相当悩みました。
結局我が家では、「分譲住宅(建売住宅)」を選択しましたが、どちらが良いのか経験をもとに紹介していきたいと思います。

注文住宅・建売住宅とは?

「注文住宅」

注文住宅は、自分たちの好きな設計で建てることができるオーダーメイドの家です。

オーダーメイドと言っても種類があり、メーカーによっては用意されているパーツを組み合わせるだけの設計の自由度が狭いものもあります。
ハウスメーカーや工務店は、基本仕様がだいたい決まっている所が多いです。
また、設計事務所のような設計士さんに依頼して建てるフルオーダーメイドもあります。
ハウスメーカー・工務店の資料一括請求!

「分譲住宅(建売住宅)」

建売住宅は、売主が購入した土地に家を建てて家と土地をセットで販売している家です。
当然完成している家なので、自分で間取りを決めたりすることはなく、気に入れば購入という形になります。

注文住宅のメリット

・好きな間取りで建てられる
・内部の仕様も自由に選べる
・施工途中も確認できる
・自分だけの家を建てることができ満足度が高い

注文住宅のデメリット

・予算をオーバーすることがある
・住むまでの期間が長い
・完成した時、イメージが違うこともある
・打ち合わせの回数が多い

建売住宅のメリット

・価格が決まっている
・実物を見られるので、生活のイメージがしやすい
・注文住宅と比べて費用が安くすむ
・入居までの期間が短い

建売住宅のデメリット

・好きな間取りを決めることができない
・内部の仕様を好みで選べない
・施工の途中が確認できない

注文住宅と建売住宅どちらが向いているか?

一概にどちらが良いということはありません。
メリットとデメリットを踏まえたうえで、ご家庭に合った方法で検討してみましょう。

「注文住宅」に向いている人

理想があり、間取りや仕様のこだわりがある
時間と手間に余裕がある

「分譲住宅(建売住宅)」

費用を安くすませたい
時間と手間をかけたくない
入居までの期限がある

「分譲住宅(建売住宅)」のメリット・デメリット!私が「建売住宅」に決めた理由
我が家は、「建売住宅」を購入しました。 当初とても悩みましたが、なぜ「建売住宅」の購入に決めたのかお話ししたいと思います。 「建売住...

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「注文住宅」と「分譲住宅(建売住宅」の比較をしましたが、分かってもやっぱり悩んでしまうのではないでしょうか?

我が家では、私の方がこだわりがあり「注文住宅」派。主人が手間と時間が嫌で「建売住宅」派。
もめましたよー。

皆さんも色々ご家庭で検討されて、満足のいく家を購入して下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加