「捨て猫」の赤ちゃんがミルクを飲まない!どうすればいい?

実家で知り合いに「捨て猫」をもらい、「ミルクを飲んでくれない」と母から連絡がありました。急遽実家へ向かい、私と子供とでお世話することに。

生後20日~30日くらいの小さな赤ちゃんで、「体力は大丈夫かな」と心配で不安になりました。

ミルクを飲まない原因を調べたり、飲ませ方を工夫したりしました。

まず授乳に必要なもの

猫の赤ちゃんは、猫専用のミルクと哺乳瓶を準備します。
牛乳は猫によくないので、あげないで下さいね。

●仔猫用ミルク

生後1ヵ月くらいまでは、「猫用ミルク」をあたえます。
「猫用ミルク」には、粉ミルクと液体ミルクがあります。液体ミルクは、粉ミルクより割高なのと、日持ちしないという理由で、うちでは「粉ミルク」を用意しました。

●仔猫用哺乳瓶

まだ赤ちゃん猫の場合、猫専用の哺乳瓶でミルクをあたえます。

哺乳瓶をうまく吸えない!

我が家の猫は、最初まったく上手に吸うことができませんでした。
手の指にミルクをつけてあげると、舐める仕草はしました。

人間の赤ちゃんも哺乳瓶であげる時、飲み口を浅くやると飲まなかったのを思い出し、やり方が浅いのでは?と思いました。
そこで、思い切ってゴムの飲み口の部分を口の奥にグッとやってみました。すると、ゴクゴクと飲んでくれました!

小さすぎて、恐る恐るミルクをあたえたことがいけなかったみたいです。
あまり、奥にやりすぎるといけないみたいですが、浅すぎても飲んでくれないようです。

ミルクをあげる体勢を変えてみた!

動物病院の先生には、仰向けで与えないように言われました。

我が家の猫は、座る状態より少し仰向けになるくらいの斜めの姿勢であたえると、よく飲んでくれました。

猫によって飲みやすい角度もあるかもです。

コツをつかむと飲んでくれる!

数回哺乳瓶で飲めるようになると、コツを掴んだのかそれからは上手に飲んでくれました。

哺乳瓶に慣れることが大事みたいです。

ミルクのあげる回数や量は、うちの猫の場合3時間おきに5~15ccくらいを飲んでいました。あげるタイミングによってだいぶ飲む量は違いました。

寝ている猫を無理やり起こして飲ませる必要はないようです。
起きて、お腹が空いていると鳴きます。我が家の猫は、ミルクをあげるまで鳴いていましたよ。

3日目から元気に!

ミルクを飲めるようになってから、3日程で元気になり、あんなに弱弱しかった仔猫がとても元気になりました。

数日はミルクを飲んでは寝ての繰り返しでしたが、徐々に歩き回るように。生後1カ月過ぎると暴れるほど遊んで元気に!とても安心しました。

「捨て猫」を育てるにはどうすればいい?準備する物は何が必要?
GW前、実家から「捨て猫を友人に貰ったのよー!」と連絡がありました。 猫好きな私としては、見たい!見たい!抱っこしたい!触りた...

まとめ

最初はうまくいかないことに焦りましたが、上手に飲めるようになり安心しました。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加