「家庭訪問」座る位置はどこ?お茶菓子は出す?お招きするマナー

新学期が始まると「家庭訪問」が行われます。
たかが15分。されど15分!
いざ準備しようと思うと分からないことだらけで、心配になりますよね。

座る場所はどこに座らせればいいのかな?
お茶菓子は何を用意しよう?
茶菓子を出すタイミングはいつ?

など、「家庭訪問」のマナーをご紹介したいと思います。

 先生の座る位置はどこ?

お客様は基本「上座」に座って頂きます。
では、「上座」はどの位置になるかというと、

和室 →  床の間の前の位置

和室 →  床の間がない場合は、ドアから一番遠い位置

洋室 →  ドアから一番遠い位置

ソファーのある部屋 →  一番大きいソファー

ダイニングテーブル →  ドアから一番遠い位置

「上座」は、基本的にドアから一番遠い位置と覚えておきましょう。

座布団を用意する場合は、ファスナーは後ろに来るように用意しておきましょう。

「お茶菓子」は何を準備する?

学校にもよりますが、茶菓子は出さないようにと決まりがあるところもあります。でも、ない場合が困りますよね。

しかし、お茶菓子を出さないからといって、印象が悪くなることはないようです。
出しても短時間の訪問では食べないことが多く、出さなくても問題はありません。

出すなら飲み物と、一口で食べれるお菓子くらいが良いようです。
子供の手作りのお菓子は、食べてくれる先生が多いみたいですよ。

我が家は毎年、どうせ食べないと思って、私の好みのお菓子を用意して、先生が帰った後の楽しみにしています。

家庭訪問で「手土産」持たせる?おすすめのお菓子
毎年、家庭訪問になると「お菓子は何を出そう」「手土産のお菓子は何にしよう」など迷ってしまいますよね。 「手土産」を持たせるかは...

「お茶菓子」を出すタイミング

先生が座ってから用意しましょう。

部屋からキッチンが遠い場合は、事前にテーブルに準備して飲み物をそそぐだけにしておくとよいでしょう。
家庭訪問は時間も短いですし、次の家庭もあるので、お茶出しに時間をとってしまうと先生も困ります。

出す位置は、先生から見た時に
右側 → 飲み物
左側 → お菓子

出す順番は、置いたものをまたがないよう、奥になる物から出します。
例えば、右側から出す場合は、お菓子 → 飲み物 が良いです。

出した時は「どうぞ、召し上がって下さい(お飲み下さい)」と一声かけましょう。

「家庭訪問」何を話せばいいの?会話のポイントと注意する点
「家庭訪問」は、子供の学校での生活を知る良い機会です。また、親としても先生がどういった人なのか知る良い機会です。 しかし、先生...

まとめ

子供の事を話すだけですが、家に来るとなると妙に緊張しますよね。
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加